【ホットリーディングのやり方】営業や恋愛などへの活用法

占い テクニック

ホットリーディングは、占い師やカウンセラーが利用するテクニックの一つ。

リーディングと書かれていますが、ホットリーディングの場合、キモになるのは「事前調査」と「情報量」です。

入念な事前調査を行えば、誰でもホットリーディングができます。

ホットリーディングのやり方とあわせて、事前調査の主な方法などもチェックしていきましょう!

内容をざっくりまとめると

  • ホットリーディング=事前調査で得た情報を使って会話を進める技術
  • 協力者を使ったり、探偵を使って調査することもある
  • 情報量・正確さ・情報の出し方がポイント
  • 正しく使えば日常生活で役立つ
  • 営業や恋愛の場面では特に

そもそもホットリーディングとは何なのか?

【この項目のポイント】

  • 事前調査によって対象者の情報を入手しておく技術
  • 申込み・予約の時に、漢字でのフルネームを聞かれた時は疑った方がいい
  • ホットリーディングと似たような技術で「コールドリーディング」がある

 

ホットリーディングは、占いやカウンセリングで利用されるテクニックの一つ。

似たようなテクニックで「コールドリーディング」があります。

ホット・コールドの違いを簡単にまとめると…

  • ホットリーディング→事前調査で情報を得ておく
  • コールドリーディング→会話や仕草などがら情報を引き出す

こんな感じ。

占いでよく使われているのは、コールドリーディングの方ですが…

中にはホットリーディングを使っている占い師もいます。

占いの予約・申込みをする時に、氏名・生年月日・血液型・相談内容を尋ねられる場合は、ホットリーディング(事前調査)が使われている可能性があります。

ホットリーディングをやるには情報が必要|主な調査方法について

【この項目のポイント】

  1. 事前調査
  2. 協力者を使った調査
  3. 探偵を使って調査をすることも

 

ホットリーディングを利用するためには、なんといっても事前調査が必要。

事前調査もふくめて、主な調査方法を3つまとめてみました。

1.事前調査

  • GoogleやYahooで対象者の本名を検索する
  • FacebookやInstagramなどのSNSを検索する
  • 対象者の周辺人物に接する
    (家族、友だち、職場の人など)

代表的な事前調査の方法が、この3種類です。

 

あなたも自分の名前を検索してみたことってありませんか?

昔のブログ記事や、投稿した画像、SNSアカウントなど…思いもよらない情報が出てくることもあります。

また、今では大半の人がSNS(Facebook・Instagram・Twitterなど)を利用しています。

特に、Facebookは本名での登録が原則です。

なので、本名で検索をかけると、その人の日常生活が筒抜けになります。

悪用を防ぐために、公開範囲を制限しておくといいでしょうね。
(友だち以外に公開しないなど)

2.協力者を使った調査

1人での調査に限界がある場合、協力者を利用することもあります。

協力者が第三者を装って、リーディングの対象者に接触し、何気ない会話から情報を収集する。

また、対象者の周辺人物に接触する可能性もあります。
(家族、友人、職場の人など)

SNSを使って情報収集が行われることもありますから、何も考えず投稿するのは避けた方がいいでしょうね〜。

3.探偵を使って調査をすることも

強者になると、探偵や興信所に調査を依頼し、情報を収集することもあります。

探偵は調査のプロですから、対象者のありとあらゆる情報を入手します。

探偵の調査業務の大半は「浮気調査」と言われていますが…

他にも、素行調査や婚前調査なども行っています。

ホットリーディングの最大のコツ|事前調査でどれだけの情報を得られるか?

【この項目のポイント】

  • ホットリーディングをやるには「情報量」が必要
  • つまり、事前調査でどれだけの情報を得るか?がポイント

 

繰り返しになりますが、ホットリーディングをやるには「情報量」が必要です。

つまり、事前調査でどれだけ多くの・細かい・正確な情報を得られるか?がポイントになります。

段取り八分という言葉があるように、事前調査・準備がとても重要ということが分かりますね。

ホットリーディングのやり方と事例

【この項目のポイント】

  • やり方1:あたかもその場で霊視したかのように話す
  • やり方2:会話を盛り上げるネタとして使う

 

ホットリーディングのやり方は、主に2つあります。

占い師が使うのは「1:その場で霊視したかのように話す」方ですね。

例えば、あなたが事前予約をして、量販店の一角にある占いスポットに行ったとします。
(ドン・キホーテやイオンなどにあるような)

まだ細かいことをな〜〜〜んにも話していないのに

「最近、旦那さん以外の男性と良く会っていますね?」

とか言われたら…

この占い師、スゴい…。まだ何も話してないのに…。

ってなりませんか?

こうなれば、占い師からすればこっちのもの。

自分の方が優位に立てるので、自分のペースで占いを進めることができます。

 

ただ、2:会話を盛り上げるネタとして使うのは、日常生活でとても役立ちます。

人間関係を構築するのはもちろん、営業や恋愛など様々な場面で活用できますよ。

ホットリーディングを日常生活で活用する例

【この項目のポイント】

  1. 営業
  2. 恋愛

 

「占い」っていう場面でホットリーディングを見ると、ちょっとゲスいように見えますが…

ちゃんと使うのであれば、ホットリーディングって人間関係を構築する時に、とっても役立ちます。

特に役立つ場面が、営業や恋愛です。

1.営業

営業先(クライアントさん)の趣味、最近ハマっていることなどを事前に調べておきましょう。

例えば、クライアントが最近マラソンにハマってるとします。

そして、打ち合わせの場でなにげな〜く、

「最近、運動不足を解消するためにジョギングを始めたんですよ〜」

という話題を切り出します。

すると、クライアントさんは「実は私、マラソンが趣味なんです〜」と、会話にノリやすくなります。

このように、事前に調査をしておき、相手に合わせた話題・ネタを準備しておくのも、ホットリーディングの一種ですよ。

2.恋愛

営業と恋愛は似ています。

営業スキルが高い=恋愛上手

ただ…

事前調査を入念にやりすぎて、相手のことを何でも知っている状態になると…

「ストーカーかよ。気持ち悪っ。」

と思われかねません。

なので、引き出しの開け方・話題の出し方には注意が必要です。

一方的にならず、相手目線になって考えることを意識しましょう。

まとめ

  • ホットリーディング=事前調査で得た情報を使って会話を進める技術
  • 協力者を使ったり、探偵を使って調査することもある
  • 情報量・正確さ・情報の出し方がポイント
  • 正しく使えば日常生活で役立つ
  • 営業や恋愛の場面では特に

コメント