【コールドリーディング】例文や練習のやり方まとめ

占い テクニック

コールドリーディングとはどんなテクニックなのか?

例文や練習方法をまとめてみました。

コールドリーディングにはたくさんのテクニックがあり、難易度も様々です。

いきなり全部取り組むのではなく、まずはできるところから練習してみましょう!

内容をざっくりまとめると

  • コールドリーディングには観察力や洞察力が必要
  • また、推測や気配り、語彙力なども必要
  • いきなり上手にできるワケがない
  • コツコツ練習あるのみ
  • 観察・推測、第一印象を良くする、信頼してもらうことからスタート

コールドリーディングの代表的なテクニック一覧

【この項目のポイント】

  1. 観察
  2. 気持ちを整える(マインドスクリプト)
  3. 第一印象を良くする(メラビアンの法則)
  4. 相手に信頼してもらう(ラポールの形成)
  5. 対極を使い分ける
  6. 誰にでも当てはまることを言う(バーナム効果)
  7. 二者択一の質問をする(ダブルバインド)
  8. イエスを引き出す(イエスセット)
  9. 曖昧な質問をする
  10. 褒める・おだてる
  11. 不満・愚痴を引き出す
  12. さり気なく相手の弱点を指摘する
  13. 弱点をふまえた上で相手の才能を認める

 

コールドリーディングには、このようなテクニックがあります。

それぞれのテクニックについて、こちらのページで詳しく解説されているので、気になる方はチェックしてみてください。
▶▶【コールドリーディング】占いでも使われるテクニック13選

コールドリーディングの例

先ほどの項目で、コールドリーディングのテクニックを一覧形式で紹介しました。

正直、すべての項目(13項目)を短期間でマスターするのは難しいです。

観察力・洞察力はもちろんですが、コミュニケーションスキルも必要不可欠。

また、語彙力や気配りも必要。

相手の表情・仕草・会話の内容から心理を汲み取り、最適な言葉を選択しなきゃいけませんからね。

なので、最初はやりやすいところから始めましょう。

13項目の中でも、特にやりやすい項目が次の6つ。

  1. 観察
  2. 第一印象を良くする
  3. 相手に信頼してもらう
  4. 二者択一の質問をする(ダブルバインド)
  5. イエスを引き出す(イエスセット)
  6. 褒める

次に、この6項目について詳細(例)をチェックしていきます。

1.観察

食いつくように観察するのはNG。

さり気な〜く、さり気な〜〜く相手のことを観察しましょう。

観察するポイントを外観・内面に分けて、ざっくりまとめてみました。

【外見】
性別、年代、身長、体型、服装、アクセサリー、表情、仕草など

【内面】
性格、言葉遣い、声のトーン、声質、話すスピードなど

 

ちなみに、外見だけで決めつけてはいけません。

外見はあくまでも推測要素の一つ。

内面も含めて観察することで、より確実な推測ができるようになります。

 

観察してある程度的確な情報を得たら、次は相手を推測します。例えば…

  • 声がかすれている感じがする=お酒やタバコが好きかも
  • 難しい専門用語をたくさん使う=チヤホヤされたい、スゴいと言われたい、承認欲求が強い
  • 落ち着きがない、余裕がない感じがする=怒りやすい性格かも
  • 低姿勢というか、ヘコヘコしている感じがする=八方美人で裏の顔があるかも
  • 口数が少なく、あまり話をしない=論理的な性格、無駄話が嫌いかも

…という感じ。

ただ、あくまでも推測の範囲に過ぎません。

この時、「確信を得たい!」からといってアレコレ質問責めしてはいけません。

相手が心を閉ざし、何も情報を出さなくなる可能性があるからです。

ペースは相手に任せる、委ねる。

余裕を自信を持って相手と接し、観察しましょう。

2.第一印象を良くする

観察する・接するよりも先に、第一印象を良くしておく必要があります。

例えば、目の前に小栗旬とフットボールアワーの岩尾がいたら、どちらを選びますか?って話です。

まぁ、これはあまりに極端すぎますが…。

また、いくらイケメンの小栗旬でも、清潔感がゼロだったらイヤじゃないですか?

髪の毛にフケがついてる、無精髭が顔全体に生えてる、アニメキャラのTシャツを着ている…などなど。

このように、外見ってその人の印象を大きく左右します。

第一印象で「無理!!!」って判断されたら、会話がまともに成立しません。

観察・推測するのも難しくなります。

なので、しっかり外見を整え、第一印象を良くすることってとっっても大切なんです。

3.相手に信頼してもらう

これは仕事も同じですが…

お客さんと仲良くなって信頼関係が構築できれば、割りかしどんなワガママも通じるようになります。

コールドリーディングにおいて、ここまでの信頼関係を築く必要はありませんが…

まず相手から信頼してもらわないと、会話で情報を引き出すことができません。

正直、コールドリーディングをするうえで、ここが最初の大きな壁かもしれません。

人の話を聞くのが好き、友だち作りが上手であれば、すんなり壁を超えられます。

ただ、会話のキャッチボールが上手くできない、人見知り&コミュ障気味だと、かなり苦労すると思います。

では、どうすれば相手に信頼してもらえるのか?というと…

  1. いきなりあれこれ質問しない
  2. 褒められるところは全力で褒める
  3. 断定しない(〜ですよねと言わない)
  4. 話すスピードや表情、仕草などを合わせる
  5. オウム返しする

…などなど。

3.断定しない(〜ですよねと言わない)については、言い回しを変えることがコツです。

例えば、

「気配り上手なんですね〜」「こうするのもいいんじゃないですか〜?」「私はこうした方がいいと思うんだけどな〜」

という感じ。

ちょっと難しいかもしれませんが、断定しない・決めつけないことを意識して、言葉を選んでみてください。

ちなみに、信頼関係を構築する(ラポールの形成)については、こちらのページでも詳しく解説されています。
▶▶【コールドリーディング】占いでも使われるテクニック13選

4.二者択一の質問をする(ダブルバインド)

二者択一の質問をする=選択肢を2つ提示することです。

ダブルバインドと呼ばれるテクニックなのですが、二重拘束と呼ばれることもあります。

例えば、どんな聞き方があるのか?というと…

  • 犬と猫だったらどっちが好き?
  • コーヒーと紅茶だったらどっちがいい?
  • コーヒーにミルクは入れる?入れない?

などなど。

「本当はどっちも好きじゃないのに…」と思っていても、二択で質問されるとNoと答えにくくないですか?

この心理を活用したテクニックが、ダブルバインド(二重拘束)です。

ちなみに、ダブルバインドはイエスセットや、フット・イン・ザ・ドアと合わせて使うこともあります。

※イエスセットについては後述。

※フット・イン・ザ・ドアについては、下記の+ボタンをタッチすると、詳細をチェックできます。

フット・イン・ザ・ドアとは?

フット・イン・ザ・ドアとは、小さなお願い(要求)から始めていくというテクニックです。

例えば、アパレル店で使われる流れが下記の通り。

  1. 何かお探しですか?
  2. ◯◯さまに似合いそうなものを持ってきましょうか?
  3. 試着はタダですし、せっかくだから試着だけでもしませんか?
  4. こちらの大きな鏡で見てみてください
  5. お似合いですね!もしよければお買い求めされます?

みたいな流れ。

 

ちなみに、対照のテクニックが「ドア・イン・ザ・フェイス」です。

こちらは、最初に大きなお願い(要求)をして、その後に小さなお願い(本来の要求)をするテクニック。

例えば…

  1. この車、10万円くらい安くならないの?
    (大きな要求)
  2. さすがに10万はキツいよね…じゃあ、7万円ならどう?
    (最初よりやや小さめの要求)
  3. 7万でもキツいなら、5万円でもいいからオマケしてくれない?
    (本来の要求)

このような流れ。

5.イエスを引き出す(イエスセット)

イエスセットとは、イエス(はい)を引き出すテクニックです。

ダブルバインドと似ていますが、イエスセットはあくまでも「はい」を引き出します。

例えば、相手が居酒屋で一杯目にビールを頼んだとします。

この時、こんな感じの質問をしてみましょう。

やっぱり一杯目はビールなんですか〜?

当たり前すぎるというか、そんなこと聞いてもいいの!?と思えるような質問ですが、最初はこれくらいでOK。

相手は「そうだね〜!(はい、そうです)」と答えてくれますから。

そして、夏場だったら「暑い日のビールってめちゃくちゃ美味しいですよね〜」と質問してみるとか。

冬場だったら「寒くても一杯目はビールって決まってるんですね〜」と質問してみるとか。

はい(イエス)を3回〜5回くらい引き出すと、信頼関係(ラポール)も形成しやすくなります。

そして、いいえ(ノー)と言いにくくなります。

イエスを引き出しラポールを形成することで、提案や要求を出しやすくなりますし、相手からの情報も引き出しやすくなります。

たたし、イエスセットをするうえでの注意点があります。

それが、質問の選び方です。

価値観や考え方って個人差が大きいので、質問を間違えると「いやー…それは違うかな…」と答えられてしまいます。

ポイントは、確実にイエス(はい)と答えられる質問をすることですね。

6.褒める

単純でシンプルですが、褒められて嫌な気分になる人はいません。

どんな些細なところでもいいので、とことん褒めましょう。

コールドリーディングの練習のやり方

【この項目のポイント】

  • 練習は「密かに」行うことがポイント
  • 観察・推測してますよ〜って悟られないようにする
  • まずは観察・推測から始める
  • 慣れてきたらラポールの形成やダブルバインド、イエスセットなどにもチャレンジ

 

コールドリーディングは、練習も本番も、相手に悟られては(気づかれては)いけません。

なので、密かにさり気なく練習する必要があります。

また、いきなり全部のテクニックを練習するのではなく、始めやすいところから練習しましょう。

まずは観察・推測から。

慣れてきたらラポールを形成する、褒める。

さらに、ダブルバインドやイエスセットにもチャレンジしてみましょう。

まとめ

  • コールドリーディングには観察力や洞察力が必要
  • また、推測や気配り、語彙力なども必要
  • いきなり上手にできるワケがない
  • コツコツ練習あるのみ
  • 観察・推測、第一印象を良くする、信頼してもらうことからスタート

コメント